トップ > IT遠隔安全衛生管理手法研修会

「ITを活用したリアルタイム遠隔安全衛生管理手法」の研修会開催のご案内
〜 交通労働災害防止のための新しい安全衛生管理手法のすすめ 〜

 陸運業における交通労働災害の防止を図るため、最近デジタルタコグラフやドライブレコーダーなどを活用した安全衛生管理が進んでいます。
 当協会では、平成21年度厚生労働省委託事業として、このほど、交通労働災害防止のためのデジタル機器等を活用した、「ITを活用したリアルタイム遠隔安全衛生管理手法」について、下記により、企業・事業場の安全管理者を対象とした研修会を開催することとしました。  
 


 研修では、
      
ステップ1  タコグラフを活用してより安全に
     ステップ2  通信機能を利用したリアルタイムでの走行状態・運転状態の把握
     ステップ3  リアルタイムでの「走行計画の変更指示」と「危険運転の警告」
             (ITを活用したリアルタイム遠隔安全衛生管理手法のすすめ)

という形で、デジタル機器等の安全衛生管理への活用を段階的に紹介いたします。
 つきましては、陸運業の事業場における交通労働災害防止対策をさらに進めていただくために、この研修会に多くの方が参加されますようご案内申し上げます。

参加申込書PDF版 / WORD版

ITを活用したリアルタイム遠隔安全衛生管理手法の研修内容

1 開催日及び開催場所

  平成22年1月20日(水)

札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)

  平成22年1月28日(木)

宮城県トラックセンター(仙台市若林区卸町5-8-3)

  平成22年2月4日(木)

愛知県トラック会館(名古屋市瑞穂区新開町12-6)

  平成22年2月10日(水)

大阪府立労働センター【エル・おおさか】(大阪市中央区北浜東3-14)

  平成22年2月17日(水)

広島県トラック総合会館(広島市東区光町2-1-18)

  平成22年3月9日(火)

女性と仕事の未来館(東京都港区芝5-35-3)

  平成22年3月12日(金)

愛媛県トラック総合サービスセンター(松山市南江戸1-6-4)

  平成22年3月16日(火)

福岡県トラック総合会館(福岡市博多区博多駅東1-18-8)

  

2  研修内容

 ITを活用したリアルタイム遠隔安全衛生管理手法について

 (1)説明  

陸災防本部

13:30〜14:30

 

デジタル機器メーカー等

14:40〜15:10

(2)質疑・応答             

 

15:10〜15:40

  

3 対象者

 陸運業の安全・衛生管理担当者

 
4 定員

 各会場約30名

 

5  参加費

 無料(「ITを活用したリアルタイム遠隔安全衛生管理手法の解説」(小冊子70頁)を研修資料として配布いたします。 )

 

6 ITを活用したリアルタイム遠隔安全衛生管理手法の研修会のお申込について

 1 申込方法
   参加申込書 PDF版 / WORD版 )にご記入の上、FAX又はE-mail、郵送でお申込ください。

 2 申込の受付・締切
   参加申込の受付は、各回とも先着順とし、定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

 3 申込・問合せ先
   陸上貨物運送事業労働災害防止協会 技術管理部  担当 中川・木下
   〒108-0014  東京都港区芝5-35-1  産業安全会館 6階
   TEL 03-3455-3857  FAX 03-3453-7561

   E-mail :  kinoshita@rikusai.or.jp