本講座は定員になりましたので、受付締切ました。

 

 平成19年度陸災防安全衛生教育講師(インストラクター)養成講座開講 

 

  労働安全衛生教育に関する講習会の講師又は企業内の安全衛生教育指導に携わる者の養成を行うため、下記実施要綱により陸災防安全衛生教育講師要請講座(フォークリフト運転業務従事者安全教育及び貨物取扱作業に係る作業指揮者教育に携わる講師養成)を開催することといたしました。

 

 

平成19年度陸災防安全衛生教育講師(インストラクター)養成講座実施要綱

 

>> 当講座申込書 <<

1 目的

  陸運業におけるフォークリフト運転業務従事者及び貨物取扱作業に係る作業指揮者等に対する安全衛生教育を行う講師等の養成を図るため、講師として身に付けなければならない事項について、グループ討議や個別指導等を交えながら「教える立場」「教えられる立場」に立って学習することにより、教育指導に当たっての能力を養うことを目的とする。

 

2 日時

  平成20年2月12日(火)9時20分から
  平成20年2月15日(金)13時まで

 

3 場所

  中央労働災害防止協会 東京安全衛生教育センター
  東京都清瀬市梅園1-4-6 電話 0424-91-6920

 

4 後援  

  厚生労働省

 

5 研修カリキュラム


第1日

 ○ 開講挨拶(オリエンテーション)
 @ インストラクター養成講座の実施理由と目的等及びインストラクターの役割と心構え
 A 教育及び指導の方法
 B 指導案の作成と指導案の意義、目的
 C フォークリフト運転業務従事者安全教育
 D 陸災防における活動の現状と課題

第2日

 C フォークリフト運転業務従事者安全教育
 E 車両系荷役運搬機械等作業指揮者教育及び積卸し作業指揮者教育
 F 災害事例及び関係法令
 G 指導案の作成

第3日

 H 指導案グループ発表
 I 労働安全衛生マネジメントシステム
 J 危険性又は有害性等の調査(リスクアセスメント)

第4日

 K 危険性又は有害性等の調査(リスクアセスメント)討議、グループ発表
 ○ 質疑応答
 ○ 閉講挨拶(修了式)

 

※ この講座の講義は、東京安全衛生教育センター講師及び陸運労災防止協会講師が担当する。

 

6 使用テキスト 

 ・ フォークリフト運転業務従事者安全教育テキスト
 ・ 車両系荷役運搬機械等作業指揮者テキスト
 ・ 陸運業における労働安全衛生マネジメントシステムガイドラインの解説
 ・ リスクアセスメントイラストシート

 

7 定 員     

  20名

 

8 受講資格

  団体又は企業において安全衛生教育に携わる者

 

9 参加費    

  76,350円
  内訳 受講料(テキスト代、宿泊費、消費税を含む。) 68,250円
  食事代(消費税を含む。) 8,100円
 

10 申込要領

 (1) 申込みは申込書にご記入の上、陸運労災防止協会技術管理部宛お申込み下さい。(FAX 03-3453-7561)
 (2) 参加費は前納となっておりますので、お申込みと同時に

   「みずほ銀行芝支店・普通預金口座」(1131663)陸運労災防止協会宛にお振込み下さい.
 (3) 申込み締切日 (定員になりましたので、受付締切ました。

 

11 その他

 (1) 参加費は、東京安全衛生教育センターとの契約で前納制となっており、申込後参加できなくなっても

  返戻できないこととなっております。
 (2) 本講座は、全寮制を原則としているため、外泊及び欠食されても参加費は同額です。
 (3) 参加者は、2月11日(月)午後7時までに受付を済ませて宿舎に入って下さい。

   なお、11日の夕食は用意しておりません。
 (4) 本講座についてのお問い合わせは、陸運労災防止協会技術管理部にお願いします。
    電話 03−3455−3857   Eメール rsb_gikan@rikusai.or.jp
 

 

>> 当講座申込書 <<