トップ > 厚生労働省関係のトピックス

厚生労働省関係のトピックス

掲載日

 トピックス  内容
2013-12-16 陸運業の労働災害が増加で陸災防に緊急要請!

  陸運業における労働災害による死傷者数は、3年連続で増加し、平成25年10月末までに発生した労働災害は前年同期に比べ2.4%の増加となっており、このままの傾向が続くと4年連続での増加が懸念される憂慮すべき状況となっています。

  このため、厚生労働省から当協会あてに「陸上貨物運送事業における労働災害防止対策の徹底」とする要請がありました。

  つきましては、現在展開中の「年末・年始労働災害防止強調運動」の取組と合わせて、下記の労働災害防止対策の徹底に取り組んでくださいますようお願いいたします。

  1 「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」に基

   づく対策の実施
  2 「交通労働災害防止のためのガイドライン」に基づく対策の実施
  3 年末・年始の業務繁忙期における無理な計画に基づく作業の排除
  4 冬期における積雪、凍結による転倒災害、交通労働災害等の防止対

   策の実施

  →厚生労働省からの要請文はこちら

  →要請を踏まえ当協会が作成した取組強化のためのリーフレットはこちら

  →「年末・年始労働災害防止強調運動」の詳細についてはこちら

2013-06-12

厚生労働省版

「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」パンフレット

  厚生労働省が平成25年3月に策定した「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」 の厚生労働省版パンフレットです。

  陸上貨物運送事業者向け及び荷主等(荷主、配送先、元請け事業者等)向けのガイドラインのご案内があります。

  →陸上貨物運送事業者向けのご案内はこちらから

  →荷主等(荷主、配送先、元請け事業者等)向けのご案内はこちらから

  (それぞれ厚生労働省ホームページ)

[参考]

  陸災防版はこちらから

2013-05-27 平成25年度「全国安全週間」を7月に実施

  全国安全週間は、産業界での労働災害を防止するための自主的な活動を推進するとともに、職場での安全に対する意識を高め、安全を維持する活動の定着を目的として、昭和3年から実施されており、平成25年度で86回を迎えます。毎年、7月1日から7月7日までを安全週間、6月1日から6月30日までを準備期間として実施しています。
  この週間を契機として、労働災害防止の重要性についての認識をさらに深め、安全活動の着実な実行を図っていただきますようお願いいたします。→実施要綱等、詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)

2013-05-24 平成25年度「世界禁煙デー」における取組及び「禁煙週間」の実施について

  5月31日は世界保健機関(WHO)が定めた「世界禁煙デー」です。厚生労働省は平成4年に世界禁煙デーに始まる一週間を「禁煙週間」として定め、各種の施策を講じています。

  今年度は、喫煙及び受動喫煙による健康影響等についての周知を目的として、「たばこによる健康影響を正しく理解しよう」を禁煙週間のテーマとし、禁煙及び受動喫煙防止の普及啓発を積極的に実施されます。→詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)

  また、厚生労働省では職場の受動喫煙防止対策に関する財政的支援及び技術的支援事業を実施しております。ご活用ください。→詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)

2013-05-14

平成25年度全国労働衛生週間のスローガンの募集について

[募集終了]

  全国労働衛生週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会の主唱により、「労働者の健康管理や職場環境の改善等の労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康の確保等を図ること」を目的として、昭和25年から実施されており、本年で64回を迎えます。毎年、10月1日から10月7日までを本週間として実施しています。
  このたび、厚生労働省では、全国労働衛生週間を実施するにあたり、同週間のスローガンを広く一般から募集しています。
  労働衛生についての意識を高め、日頃の労働衛生活動の促進を図るためにもご応募くださいますようお願いいたします。→詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)

2013-03-28 「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」の策定について

  厚生労働省から、陸運事業者の労働者が行う荷役作業における労働災害を防止するための「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」が 平成25年3月に公表されました。
  陸運事業者の実施事項、荷主等の実施事項の関係が分かるように取りまとめたものとなっております。
  →ガイドライン本文はこちらから(PDF:351KB)

2013-03-12 12次労働災害防止計画について

  平成25年4月から第12次労働災害防止計画が始まります!
  「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画です。
  厚生労働省は、産業構造の変化等、労働者を取り巻く社会経済の変化に対応し、労働者の安全と健康を確保するため、平成25年4月〜平成30年3月までの5年間を計画期間とする「第12次労働災害防止計画」を平成25年2月25日に策定し、3月8日に公示しました。

  →計画の本文、概要、パンフレットを含む詳細はこちら厚生労働省ホームページ)

2013-03-12

平成24年の労働災害の動向について

〜死傷者数は約11万4千人で、縮小はしているものの前年比2.0%の増〜

  厚生労働省では、平成24年に発生した労働災害の動向を取りまとめました。
   [全産業計] 
    死亡者数 1,046人、対前年比+66人、+6.7%
    死傷者数 114,458人、対前年比+2,266人、+2.0%
    (死傷者数は、平成22年から3年連続の増加)
   [陸運業]
    死亡者数 129人、対前年比+6人、+4.8%
    死傷者数 13,375人、対前年比+148人、+1.1%
  月別の死傷災害発生状況を対前年増加率でみると、2月が特に高く16.6%
の増で、以降、5月にかけて前年を上回りました。8月からは減少傾向となり、
下半期(7月〜12月)の累計死傷者数は前年同時期と比べて1.0%の減少でした。→詳細はこちら厚生労働省ホームページ)

2013-03-12 12次労働災害防止計画のポイントと概要について

  12次労働災害防止計画は、労働者の安全と健康を確保すべく策定するもので、平成25年度から5年間にわたる労働安全衛生行政の指針となる計画です。
  厚生労働省では、今年度内の官報公示に向けこの計画の策定作業を進めています。
  この計画のポイント及び概要が発表されました。→詳細はこちら厚生労働省ホームページ)
  また、当協会でもこの計画の目標達成に向け、新たな「陸運労働災害防止計画」の策定作業を進めております。

2013-02-13 平成25年度全国安全週間のスローガンの募集について [募集終了]

  全国安全週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会の主唱により、毎年、7月1日から7月7日までを同週間として実施されており、平成25年度についても7月1日から7月7日まで実施されます。

  この全国安全週間の実施に際して、スローガンを厚生労働省では広く呼びかけております。
  安全意識を高め、日頃の取組の定着を図るためにもご応募くださいますようお願い申し上げます。→詳細はこちら厚生労働省ホームページ)

>> 過去のトピックス

▲ ページトップへ