トップ > 厚生労働省関係のトピックス

厚生労働省関係のトピックス

掲載日

 トピックス  内容
2014-11-05

社会保険・労働保険関係手続はオンライン申請をご活用ください

〜10月27日から11月2日は「電子政府利用促進週間」です〜

政府では、10月27日〜11月2日を「電子政府利用促進週間」として、インターネットを活用したオンライン申請の一層の利用促進を図るための普及啓発活動を重点的に展開いたしました。
  社会保険・労働保険関係の手続きには、「電子政府の総合窓口(e-Gov:イーガブ)」を利用したオンライン申請が大変便利です。ぜひ、この機会にオンライン申請をご利用ください。

 →詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)

 →オンライン申請ガイドbook(電子政府の総合窓口「e-Gov」)

2014-09-22

平成26年度「『見える』安全活動コンクール」を実施中

〜労働災害防止活動の「見える化」事例を募集(9月16日〜11月14日)〜

  厚生労働省は、企業や事業場で実施している労働災害防止のための安全活動の取組事例を募集し、国民からの投票により優良事例を選ぶ「『見える』安全活動コンクール」を実施しています。

  奮ってご応募ください!

  →詳細はこちら(職場のあんぜんサイト)

  厚生労働省報道発表ページ

2014-09-04 「職場の健康診断実施強化月間」を9月に実施

  厚生労働省は、9月を「職場の健康診断実施強化月間」と位置づけ、労働安全衛生法に基づく事業者による健康診断及び事後措置を改めて徹底するため、集中的・重点的な指導を行うこととしました。

  実施していただきたい事項は次のとおりです。

@ 健康診断の実施、有所見者の健康保持に関する医師からの意見聴取及び健康診断実施後の措置の徹底

A 一般健康診断結果に基づく必要な労働者に対する医師又は保健師による保健指導の実施

B 高齢者の医療の確保に関する法律に基づく医療保険者が行う特定健診・保健指導のとの連携

C 小規模事業場における産業保健総合支援センターの地域窓口の活用

 健康診断と健康診断実施後の事後措置を適切に行いましょう。

2014-08-01 平成26年度 「全国労働衛生週間」を10月に実施
〜 みんなで進める職場の改善 心とからだの健康管理 〜

  厚生労働省と中央労働災害防止協会が主唱する平成26年度「全国労働衛生週間」の実施要綱が公表されました。
  10月1日〜10月7日を本週間とし、9月1日〜9月30日を準備期間としています。
  労働者自身や管理監督者、産業保健スタッフが一丸となって健康管理を進め、労働者の心とからだの健康が確保された職場の実現を目指しましょう。
  →詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)

   →リーフレットはこちら(厚生労働省ホームページ)

2014-07-02 平成25年度の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」

○ 厚生労働省では、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の状況について、労災請求件数や、「業務上疾病」と認定して労災保険給付を決定した支給決定件数などを年に1度取りまとめ、公表しています。
○ 平成25年度の労災補償状況によると、脳・心臓疾患による労災補償請求件数は784件で、そのうち、「道路貨物運送業」による請求が124件(15.8%)と全業種で最も多く、支給が決定された件数も94件(30.7%)と、同業種が最多でした。
○ 脳・心臓疾患関係の職種別では自動車運転従事者からの請求が159件(20.2%)支給決定件数が93件(30.4%)と最多でした。

○ 脳・心臓疾患の詳細及び精神障害の労災補償状況は、以下のページをご覧ください。
 →情報の詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)
 

 今一度、過労死等の予防にお取り組みください。
 →労働災害としての過労死を予防するための基礎知識(陸災防作成パンフレット)

2014-05-30

職場における熱中症を防ぎましょう!

 

平成25年「職場における熱中症による死亡災害の発生状況」を公表します

WBGT値(暑さ指数)が基準値を超える場合、作業計画の見直しを行うなど今年の夏も対策の徹底を〜

 厚生労働省は、平成25年の「職場での熱中症による死亡災害の発生状  況」をとりまとめました。 

  職場での熱中症による死亡者は30人と、前年よりも9人多くなっています。このうち、「運送業」の死亡者数は、1人(前年0人)となっています。

○ 今年の夏は、気温が平年並みか平年より高くなることが見込まれ、熱中症による労働災害が多く発生することが懸念されます。下記パンフレットを配布する等対策にお取り組みください。

 →パンフレット「熱中症を防ごう!」はこちら(厚生労働省作成)

 →情報の詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)

【参考】

 →リーフレット「職場における熱中症を予防しましょう!」はこちら(陸災防/平成25年7月作成)

2014-05-21

平成26年度全国労働衛生週間のスローガンの募集について[募集は終了しています]

  全国労働衛生週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会の主唱、陸災防等の協賛により、「労働者の健康管理や職場環境の改善等の労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康の確保等を図ること」を目的として、昭和25年から実施されており、本年で65回を迎えます。毎年、10月1日から10月7日までを本週間として実施しています。
  このたび、厚生労働省では、全国労働衛生週間を実施するにあたり、同週間のスローガンを広く一般から募集しています。 募集締切日は5月31日です。
  →詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)

2014-04-18 平成26年度「全国安全週間」を7月に実施

  全国安全週間は、産業界での労働災害を防止するための自主的な活動を推進するとともに、職場での安全に対する意識を高め、安全を維持する活動の定着を目的として、昭和3年から実施されており、平成26年度で87回を迎えます。7月1日 (火)から7月7日(月)までを安全週間、6月1日(日)から6月30日(月)までを準備期間として実施しています。
  この週間を契機として、労働災害防止の重要性についての認識をさらに深め、安全活動の着実な実行を図っていただきますようお願いいたします。

  →実施要綱等、詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)

>> 過去のトピックス

▲ ページトップへ